読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは日記です

だらだらと話すように書きます

GWの思い出

最初で最後、と笑いあって長い休みが始まった。


前日の夜に同期とビールビールハイボールビールとしこたま呑んだ。春休みに悪酔いして痣をしこたま作り、禁酒していたから久しぶりのアルコールだった。

こちらに来てから教えてもらったダーツは上手くならない。3ゲーム目まで覚えている。翌日は隣の同期の部屋の床、二日酔い。帰省するからとエナジードリンクを土産に追い出される。

バーで別れたはずの同期から、酔うとパンイチになる癖は治せ、とlineが来る。噂が早い。


その日の夜には大学のサークルのOB会があった。とは言っても関東に住む同年代で集まろうという気楽なものだ。少し遅れて着いたのだが、弟かペットのように出迎えてくれる。大好きな人たちがたくさんいる空間は空気が滑らかに感じる。3つ上の先輩が結婚を決めたと報告、相手は同じサークルの聖母の様な先輩で、後輩たちは口を揃えて羨ましがった。僕たちにも救いの手を。

来るべきGWに向けて終電での解散になった。学生とは違う、みんな生活を管理している。



次の日はGLIM SPANKYのリリースイベントに参加した。こんなに近くで二人がしゃべっているとは、現実が曲がっている。去年行ったライブで一段と好きになったのだが、目の前で演奏している迫力が音の歪みが、その場を特別な場所にしている。

レミさんは表情を変えず激しく演奏するので無口な人だと思っていたら、まるで僕たちのようにしゃべるので驚いた。始めて彼女が同年代だと思った。亀本さんはサイケな服が絵に描いたようだった。似合う人というのは本当に似合うのだなあ。



翌日は実家に帰る。新幹線は空いている。のんびりとひと眠りすると到着だ。恩田陸の恐怖の報酬を持っていたのに読むすきもなかった。

実家でもひたすら眠っていた。眠り、犬の散歩に行き、眠り、幼馴染と会い、眠り、祖母と会い、バスに乗った。

何一つしないのも有意義だった、ひたすら眠っていた。



帰りがけに大学の友人たちに会い、焼肉に行く。食べ放題じゃないなんて、まるで社会人だと笑った。

みんな近況は相変わらずで、もう変わっていても困るのだけれど妙な感じがした。みんな違う場所でそれなりにちゃんとやっている。僕だけ寂しいのかもしれない。

翌日は川遊びに行く。標高が高いから水も冷たくて、あー帰って来たと思った。次はスノーボードで来るときか。



そんなこんなで、あっと言う間だった。こんなんで社会人だ。