読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは日記です

だらだらと話すように書きます

かけたマグカップ

ぼくの名字に動物がはいっている。小学校のころのあだ名にもなったから、思い入れもある。世間的にはふさふさしていて可愛いと評される動物である。 可愛いとは思う。世間話に「飼ってみたら?」なんて言われる。生きているギャグだ。 贈り物で小物をもらう…

四月生まれの友達

新しい友達の誕生日を祝った。研修で急速に仲が良くなった同僚である。幾人かで食事をしてプレゼントを渡した。 「大抵、誕生日を聞かれたときには過ぎていて、お誕生日会なんて久しぶりだ」なんて言って微笑んでいた。 食べ放題レストランで限界まで食べ放…

10%割引パン

帰宅ついでにスーパーに寄り、明日の昼ごはんを買う。 昼休憩になると、周りはコンビニに飛び立ってゆく。弁当を詰めて持ってくる同僚Tと10%割引の賞味期限のあやしい5個入りレーズンパン袋の僕が残る。対比のようだが、しゃべると馬が合う。 言葉を発する…

電車通勤の感想

研修所に通うために都心への電車に乗る。覚悟していたほどひどくはない。 覚悟ってのは、ぎゅうぎゅうつめつめガラス窓に顔を押し付けバンザイをして鞄はいずこ。というようなステレオタイプだ。そのおかげで平常心だからステレオタイプも悪くない。 電車通…

海に出た

近所の川が海に続いている。どこの川でも海に続いているんだけど、歩いて確認できる距離にあるなんて不思議だ。 ぼんやり散歩していて、あの犬は実家の犬と同じ犬種だ、TVCMみたいなランニングの格好だ、あれはスカイツリーかなあ、こんな立派なバイクが捨て…

ひと駅歩いた

通勤に1時間以上かかるので練習で早起きした。そんなぐらい当たり前だもっとかかるぞ、なんていう友達は本当に尊敬する。 二度寝をしようとしたら、腕時計の秒針の音が聞こえて、なんだか叱られている気分になったのでやめた。ちょっと寝たいってとき、横向…

Wシリーズ等の感想

森博嗣のWシリーズを読んでいるので奔放に思ったことを書きます。 内容にも触れるかもしれないです。 まず、森先生との出会いは母の本棚だった。兄が読んでいたので背伸びして読み始めた。Vシリーズが刊行されているころで、S&Mシリーズを一気に読んだ。 ハ…

都心にでた

細々としたものが必要だった。 近所でも良かったけど、せっかくだし都心に行った。完全に”おのぼりさん”の行動だけど、そうゆう事は愉快だよね。 ひねくれものだった反動で、わざとベタな行動をしてしまう。素直になりたいな。 道歩く人たちは心なしか皆身綺…

引越しがおわった

新しい街に来た。 すぐにまた引っ越すけれど生活感のある街で落ち着く。 最初の印象は整体が多いなって 図書館は小さいけど、恩田陸のエッセイとか読みたい本がいくつか見つかって嬉しい。いいなって思う本屋とか図書館とかって趣味があう人といるみたいに落…